【九州総合】大会の中止が決定しました


通知文書


令和3年4月20日

九州バレーボール連盟 各県理事長 様
九州実業団連盟理事長 様
九州クラブ連盟理事長 様
九州高体連専門委員長 様

九州バレーボール連盟
会 長 木村明彦
理事長 加治健男
(公印省略)

令和3年度 第66回全九州バレーボール総合選手権大会の開催中止について(通知)

拝啓 時下益々ご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素は、九州バレーボール連盟のためにご支援、ご協力を頂き感謝申しあげます。
4月に入りこれまでの新型コロナウイルスが変異し、若年層の感染者が多くなっています。
開催県の福岡でも、変異株の陽性者が前週に比べ約1.6倍(102人→162人)に増加し、感染経路不明者も5割を超えて来ており市中感染が疑われています。また、各県の本大会予選でも選手に感染者が多数出ており、その対応に追われている状況にあります。
そこで、この度の新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、九州連盟会長、九州各県理事長、九州実業団連盟理事長、九州クラブ連盟理事長、九州高体連専門委員長、及び開催地の福岡県バレーボール協会と協議した結果、5月14日から福岡県久留米市で開催の予定であった「令和3年度第66回全九州バレーボール総合選手権大会」を中止としました。
昨年度、新型コロナウイルスによって全ての九州大会が中止となり、今年度は最初のこの大会をぜひ開催したかったのですが、中止に追い込まれ大変残念に思っております。
この状況をご理解頂き、恐縮ですが参加予定であった全チームに対しては、関係団体から中止の連絡をお願いいたします。
なお、九州バレーボール連盟、及び一般財団法人福岡県バレーボール協会のホームページにも大会中止の案内をさせて頂きます。
参加を楽しみにされていた9人制愛好者の皆様方、また高校生の皆さん、最後まで開催に向けて準備をされていた一般財団法人福岡県バレーボール協会の皆様方には、誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。

敬具

MENU

PAGE TOP